農業共済加入促進支援事業|沖縄県農業共済組合

沖縄型農業共済制度推進事業NOSAI

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

さとうきび共済について

加入できる農家は

10a以上さとうきびを栽培していれば加入できます。

対象となる災害は

すべての気象災害、地震、噴火、火災、病虫害及び鳥獣害による災害です。

責任期間は

発芽期がら収穫までです。

補償内容は

全相殺方式
農家ごとに基準収穫量の8割を補償します。基準収穫量から実収穫量(耕地ごとの収穫量の合計)を差し引いて得た数量(減収量)が、2割を超える場合、共済金が支払われます。

共済金額(補償額)

共済金額(補償金額)=Kg当たり共済金額×(基準収獲量×O.8)
(選択できます。)

共済掛金は

掛金は共済金額に掛金率を乗じて算出します。さとうきび共済では、掛金の55%を国が負担しています。

農家負担共済掛金=(共済金額×掛金率)-国の負担分

共済金の支払は

共済事故によって減収となり、実収穫量(糖度を加味する)が引受収量よりも少ないときに、その差の減収量に対して共済金が支払われます。
※引受収量=基準収穫量×補償割合

共済減収量=(基準収穫量×0.8)一出荷収量
支払共済金=Kg当たり共済金額×共済減収量

特 例

火災等による一筆全損、被害による夏植等の春植への植替も支払の対象となります。農家単位で2割を超える損害が見込まれる場合は必ずNOSAlに連絡してください。

無事戻し制度について

被害の発生が少ない農家には、無事戻し金として掛金の一部をお返しすることができます。

  • ●過去3年間にわたり共済金及び、過去2年間にわたり無事戻し金を受けていない場合。
  • ●受け取った共済金又は無事戻し金の合計が過去3年間に払い込んだ掛金の1/2に満たない場合。

※ただし、無事戻しをするための積立金がある場合に限ります。

さとうきび共済の農家負担掛金と支払共済金の推移

農家負担金と支払共済金の推移

ページの先頭へ